本文へスキップ

自然との対話、人にやさしい環境づくり

TEL. 0853-21-4151

〒693-0017 島根県出雲市枝大津町2番地7

大福工業(株)トップ

営業エリア

  • 「全  国」
    • ウォータージェット事業(高圧ポンプ等の製作・修理・販売・リース・レンタル・施工)、地盤改良事業・地盤改良材等の販売、労働者派遣事業、地盤調査、汚染土壌地盤対策事業等、農園芸施設の機器研究開発・製造・販売、水産資源の研究開発・販売、天然鉱物の研究開発・採取・加工・販売等
  • 「一部地域」
    • 島根県内:建設業、建築の設計・監理、宅地建物取引業・不動産業、コンクリートブロック等の製造・販売・施工、セメント・地盤改良材等の販売、産業廃棄物の収集・運搬・処分、解体工事業、土木資材の製造・販売、農作業の代行・受委託、農作物の生産・加工・販売、観光農園・体験農園の管理・運営、採石業等
 

出来事や情報

  • 自走式3種同時混合土質改良工法(NETIS登録番号:CG-100034-A)は、事後評価未実施技術のため、新技術情報提供システムで2016年4月より表示されなくなりますが、NETISとしては工法名及び登録番号は存在しますので、ご理解下さいますようお願い致します。 👉<工法紹介PDF> 👉【NETIS新技術情報提供システムPDF】
  • 重金属類吸着剤「ヘビメタ☆クリーンZ」を用いた重金属類汚染水浄化工法(ろ過方式)(NETIS登録番号:KT-120054-A)は、事後評価未実施技術のため、新技術情報提供システムで2016年4月より表示されなくなりますが、NETISとしては工法名及び登録番号は存在しますので、ご理解下さいますようお願い致します。      👉<工法紹介PDF> 👉【NETIS新技術情報提供システムPDF】
  • DSM地盤改良装置(正方形地盤改良装置)を開発し、特許出願しております。この装置は、スラリー撹拌方式の浅層・中層混合処理工において、改良体の平面形状を正方形(矩形)に施工できます。角型改良体は、重ね施工が不要であり連接施工が容易に施工できます。従来の円形改良体のような重ね施工が不要です。改良体本数が約1/2になる利点があります。また、「GNSS-RTK仕様改良機位置誘導システム」及び「施工管理装置」を導入しており、丁張や施工管理の省力化を図ることが可能です。 👉<工法紹介動画>(Windows Media Playerで再生可能です。)
  • Dライト斐川工場では、CO2濃縮装置👉「ゼオコレクト」の吸着剤の原料となる天然フェリエライト(ゼオライト)の原石を自社で採掘し、この工場で粉砕加工及びCO2濃縮装置のカートリッジへの充填を行います。また、いずもD-liteは、土壌改良剤・水質浄化剤・脱臭剤・飼料添加剤等に使用できます。 👉<いずもD-lite写真>                                             【お問い合わせ先:TEL①0853-21-4151②0853-28-2002、FAX 0853-21-4152、e-mail. k.omura@daifuku-izumo.co.jp
  • 2014年11月30日付けで、室町時代から歴史を刻む「石州福光石」 採掘元 有限会社坪内石材店を承継し、以前と変わらず営業しておりますので、よろしくお願い致します。原石・建築資材・土木資材・一般向け小物等を採掘から加工・販売までを営んでおります。基本サイズの製品もありますが、使用箇所・用途等、お客様のご要望に合わせたオーダーメイドでの加工を行っております。                           👉<採掘状況>(Windows Media Playerで再生可能です。)                                                 【お問い合わせ先:「本社」島根県大田市温泉津町福光ハ107番地1 有限会社坪内石材店 TEL0855-65-3875 FAX①0855-65-3877、「事務担当」出雲市枝大津町2番地7 TEL0853-25-8333 FAX 0853-21-4152、e-mail. fukumitsu-stone@daifuku-izumo.co.jp

お知らせ新着情報

平成29年(2017)年 2月
特許第6090810号 二酸化炭素濃縮装置及び二酸化炭素供給方法
島根県産の天然フェリエライトを用いた空気中のCO2濃縮装置👉「ゼオコレクト」を販売しております。配管により直接的に農作物の葉に濃縮CO2を放出し、光合成を促進させることで、収量と品質を向上します。配管により葉に直接CO2を放出するため、ハウス内への新鮮な風の取り入れも行えます。         【👉「ゼオコレクト」は、空気中のCO2濃度350ppm程度を約6,000~10,000ppm(約17~28倍)に濃縮し、1~3L/minで供給します。】
平成29年(2017)年 2月
毎年9月に植え付ける4,500株イチゴは、1,000m2のビニールハウスで甘~く・大きく成長し、糖度も12~15%程度になり、毎日たくさん収穫されています。収穫は、12月上旬頃から5月上旬頃までとなります。ゼオコレクト(Zeo Collect)による葉元へのCO2を供給しない場合とCO2を供給したものとの栽培テストを実施しました結果は。濃縮したCO2供給すると大きく収量と糖度に差が出ました👉<イチゴの成長> 

バナースペース

大福工業株式会社

〒693-0017
島根県出雲市枝大津町2番地7

TEL 0853-21-4151
FAX 0853-21-4152
URL
http://www.daifuku-izumo.co.jp/

  • 専門部署別ホ-ムページ

有限会社 坪内石材店
島根県大田市温泉津町福光ハ107番地1
TEL 0855-65-3875
FAX 0855-65-3877